006.png

100以上のワイナリーの中から。熟練ソムリエが提供するワインと本格料理

代官山駅のすぐ近くにできた、美味しいワインにぴったりと合う料理と、フランスを中心とした様々な国のコスパのいいワインを取りそろえたワインダイニングができました。

ワイン学校を約16年経営し、多くのソムリエを育て上げた和田健二氏が料理人としての腕も披露するワインダイニングをオープンさせた.約20年のソムリエ人生の中でフランス、イタリアなど内、外のワイナリーを100以上訪れ、その目と舌で触れたワインの中から厳選して仕入れ味が損なわれない冷蔵システムと輸送方式を採用している業者を選定してワインを輸入する。さらに、店内では適切な保管温度を和田氏が常にチェックし、品質管理万全のワインがボトルで4500円〜約120種揃える。
まずは、和田氏に相談し、その日の気分で飲みたいワインを選び、それに合わせた料理を注文すのがおすすめだ。レバーパテやテリーヌ、鮮魚のポワレやアンガス牛のローストなど本格的フレンチ&イタリアンが揃う。

 ワイン会情報

毎年11月の第三木曜日はボジョレー・ヌーボーの解禁日です。
時差の関係で日本は世界で一番早く解禁されるため、注目が高く、季節の風物詩となってきましたね。

ボジョレー・ヌーボーの会募集中

11月17日(木)ボジョレーワイン会

【日時】
11月17日(木)19:00~22:00(19:30受付開始&ウェルカムスパークリング)

【会場】
ワインダイニング食堂ステラ
http://www.wine-stella.com/
ご予約  電話   03-6809-0968

東京都渋谷区代官山町20-9サザン代官山201
渋谷駅 徒歩1分

【会費】
5,000円

ワイン
2016年ボジョレー・ヌーボー4種 飲み放題 なくなり次第終了
ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ ドメーヌ・デ・ニュグ
ボジョレ・ヌーヴォ マルセル・ラピエール
ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ ジョルジュ・デコンブ
ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ ジュイアール・コルヴィッキオ




料理:フランス伝統料理を中心にお楽しみいただきます。
前菜: 田舎風パテ、ジャンボンペルシエ、リヨン風サラダ、ニース風サラダ他
キッシュ・ローレーヌ、アイスヴァイン・ザワークラウト添え
メイン料理:カスレ、、コック・オー・ヴァン他 ポルチーニのリゾット、パスタ他


近年のボジョレー・ヌーボーの評価

ところで、ボジョレー・ヌーボーといえば、毎年「当たり年」と言われている印象がありますよね。実際に調べてみると年表はこんな感じでした。
2007
「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008
「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009
「50年に1度の出来栄え」
2010
「2009年と同等の出来」
「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
2011
「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」
「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」
2012
「ボジョレー史上最悪の不作」
「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」
2013
「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014
「2009年の50年に一度のできを超える味わい」
2015
「今世紀で最高の出来」
2016
「採れたてのベリー系の果実をほおばったようなみずみずしさが味わえる」


だそうです。

また、ステラでは
新しいメニューとおいしいサンテミリオンのワインをご用意して通常お待ちしております。




和田



What's New

2016.1.21
004_2.pngスタッフ募集中!
新規オープンのお店で働いてみませんか?
03-6809-0968(和田まで)

2015.12.18
Dinnerページ追加しました!

2015.12.13
予約フォームを作成しました!

2015.12.1
サイトをオープンしました!


白ワイン-01.jpg白ワイン-01.jpg

Wine-list

WineDining “Stella”は、産地の品質を保ったワイン本来の美味しさを追求し、 輸入・保管・流通のあらゆる面で品質管理の徹底された酒質の健全で美味しいワインだけを厳選しております。

12244479_931240066958391_5278678136847051283_o.jpg12244479_931240066958391_5278678136847051283_o.jpg

Food

ワインとの最良のマリアージュであるお料理とチーズは、洗練された本格ビストロ料理をチーズはフランスを中心とした産地の物をご提供しております。

DSC_0214.JPGDSC_0214.JPG

こだわり

瓶詰めされてからも生き続け、ボトルの中でゆっくりと変化し続けるとてもデリケートな飲み物ですから、その美味しさを引き出すためには酒質のコンディションの管理、特に適切な温度管理が大変重要です。